費用が安くて得する会社はどこ?火災保険申請サポートを徹底比較!

費用が安くて得する会社はどこ?火災保険申請サポートを徹底比較!

火災保険申請サポートを提供している会社はたくさんあって、どこに頼めば費用が安くてオトクなのか迷っていませんか?

ネット検索で表示されている各社のポイントをまとめて比較してみました。

https://fia-navi.com/wp-content/uploads/fia-navi.com-arthur-s.jpg
吉岡

ネット検索でよく見かける 9 社を掲載しています!

サービスを比較する際のポイント

火災保険申請サポートを専門に提供している会社は一般的なリフォーム業者と違い、利益が【申請サポート費用のみ】となるため、次の 4 点において優れています。

  • 火災保険と地震保険に関する豊富な知識
  • 被災箇所を見極める調査・鑑定能力
  • 受給額が増える見積り作成ノウハウ
  • 承認率を高める保険会社との交渉ノウハウ

依頼する際はこれらを前提として、次に挙げるポイントを抑えた会社を選んで、失敗を避けながら申請サポートを成功させましょう。

申請サポート費用・手数料の相場

申請サポート費用の相場は 30% ~ 40% 前後(保険金給付額が 100 万円の場合、30 万円 ~ 40 万円)で、完全成功報酬が基本となります。

調査費用を無料と記載されていることは多いですが、条件によっては交通費や調査費が必要な場合もあるため、事前に確認が必要です。

保険金受給後の補修・修繕の必要性

受け取った保険金の使途は見舞金の扱いで基本的には自由です。そのため、契約において補修・修繕工事を不要としている場合が多いです。

一部、補修・修繕工事を前提とした契約や保険商品もあるため、トラブルを避けるために事前に確認しておきましょう。

悪質な業者を避けるための注意点

火災保険申請サポートの会社を利用検討する際、サービス内容が「代行」ではなく「申請サポート」であることに気をつけてください。

火災保険の申請代行が発覚すると契約違反となるため、「保険契約打ち切り」や「保険金が支払われない」といった重い処罰がくだされます。

その他、次の項目が該当するかどうかも注意点です。場合によっては法律違反となる可能性もあります。

注意事項
  • 保険申請ができるのは基本的に保険名義人のみで申請代行は不可(保険会社との契約違反)
  • 弁護士法に基づいた弁護士の資格を持たずに申請代行する(非弁活動による弁護士法違反)
  • 無料で保険金の申請を行い補修・修繕を抱き合わせ販売する(不用品強要型の独占禁止法違反)
  • 過大な被害報告や被害捏造による申請(虚偽報告による詐欺罪)

国民生活センターから「保険金が使える」と勧誘する住宅修理サービスに関する注意喚起の資料もありますので、参考にしていただき、意図しない契約違反や、詐欺に遭わないようにご注意ください。

保険金使途の目的に応じて比較・検討する

火災保険申請サポートを提供している会社は主に、「申請サポート専門の会社」と「リフォーム業者」の 2 つに分かれます。

保険金の給付額を増やしたいのか、または補修・修繕込みで安く済ませたいのかによって検討されてください。

保険金の給付額を増やしたいなら火災保険申請サポート専門の会社

火災保険申請サポートのみをサービスとして取り扱う会社の場合、保険金受給後の補修・修繕工事は必ずしも必要ではありません。

会社の利益は申請サポート費用ですので、独自のノウハウから被災箇所の発見率や申請の承認率、保険金の受給額が比較的高いという点がメリットとなります。

ただし、大規模な補修・修繕工事を必要とする場合、提携する工務店などに依頼するため、トータルでは割高となる可能性があります。

リフォームや補修・修繕込みで安く済ませたいならリフォーム業者を検討

リフォーム業者がサービスの一環として火災保険申請サポートを取り扱っている場合、保険金受給後の補修・修繕工事は必要となるケースがあります。

その際、申請サポートはあくまでリフォーム費用を賄う補助として扱うことから費用は割安となり、大規模な補修・修繕工事を必要とする場合、トータルでも割安となる可能性があります。

ただし、火災(地震)保険申請の専門家ではないため、被災箇所の発見率や申請の承認率、保険金の受給額が比較的低いという点がデメリットになり得ます。

以下の項目で紹介していますが、受け取れる保険金を考慮すると、火災保険申請サポートを専門にする会社に依頼した方がお得になるかもしれません。

火災保険申請サポートを提供している会社一覧

火災保険申請サポートを提供している会社はネット掲載されているものだけでも、とてもたくさんの会社があります。

今回は依頼した際の費用面を中心に、どの会社を選べばオトクになるか。比較ポイントを次の項目に絞り、ネット検索で分かる範囲の情報を参考に掲載させていただきます。(2020年7月18日時点)

比較ポイント
  • 申請サポート費用
  • 交通費、調査費の有無
  • 申込み特典の有無
  • 申込みの対象地域
  • 受給後の補修、修繕の有無

正しい申請サポート会社を選ぶことで保険金はしっかりと受け取れるはずですが、調査会社のノウハウ面に関しては詳細な比較が難しいことから掲載していません。

参考として、ワンズベストの火災保険申請サポートに依頼した際と、保険加入者自身で申請した際の違いについて参考値がこちらになります。

  自己申請 申請サポート
損壊の発見率 約20% 約70%(調査会社の公表値は約85%)
見積もり作成 10万円~30万円程度 90万円~160万円程度
申請の承認率 40%~50%程度 90%程度

掲載している各社の申請サポート費用に差はありますが、ノウハウや申請条件によって、最終的にもらえる保険金額も変わります。

リフォーム業者など建築関連の業者の場合、保険請求に対する承認率が申請サポート専門業者と比べて低い可能性があるため、費用の単純比較にはご注意ください。

火災保険申請ドクター(株式会社リンクス)

火災保険申請ドクター(株式会社リンクス)

Webマーケティング事業、リスティング広告運用代行、Webサイト制作等の事業を行っている会社です。

Webサイト制作をされていることから、画像を使って見やすいデザインで説明されています。

申請サポート費用が一律ではないため、事前に確認は必要ですが、条件によっては安く済むかもしれません。

保険金を受け取った後の修繕工事に関しては、記載を見る限り必要な印象を受けましたので、こちらも事前に確認が必要です。

申請サポート費用 保険金給付額の20~40%(税別)、無責の場合は無料
交通費用 記載なし(要問合せ)
調査費用 無料
申込み特典 記載なし
対象地域 全国
補修・修繕の有無 記載なし(要問合せ)

ホケサポ:保険申請サポートセンター(株式会社TIC)

ホケサポ:保険申請サポートセンター(株式会社TIC)

会社情報の詳細は不明です。ウェブサイトの更新も 2018 年以降されていないため、現時点ではおすすめできません。

申請サポート費用 保険金給付額の35%(税別)、無責の場合は無料
交通費用 記載なし(要問合せ)
調査費用 無料
申込み特典 記載なし
対象地域 (離島等、一部地域を除く)全国
補修・修繕の有無 不要

株式会社ホウツキ

株式会社ホウツキ

千葉県柏市にある住宅リフォームの会社です。対象地域に該当していれば業界では破格の安さで申請サポートを利用できることがメリットです。

ただ、申請サポートに特化しているわけではないので、保険請求の承認率が低い場合、受け取れる保険金が少なくなり、結果的に割高となる可能性があります。

申請サポート費用 保険金給付額の20%(税別)、無責の場合は2万円
交通費用 遠方の場合、別途必要になる可能性あり
調査費用 2万円(ただし、保険金給付の場合は不要)
申込み特典 補修・修繕を依頼した場合、申請サポート費用が15%
対象地域 主に首都圏
補修・修繕の有無 不要、ただし保険商品により修繕義務あり

建物保険請求の窓口(株式会社オーシャン)

建物保険請求の窓口(株式会社オーシャン)

建物損害コンサルティング事業の会社です。ホームページに細かな記載まではないため、直接問い合わせて確認していただく必要があります。

申請サポート費用 神奈川、東京、千葉、埼玉は保険金給付額の35%(税別)、その他地域は40%、無責の場合は無料
交通費用 記載なし(要問合せ)
調査費用 無責の場合は無料
申込み特典 記載なし
対象地域 神奈川、東京、千葉、埼玉、その他地域(要問合せ)
補修・修繕の有無 不要、ただし保険商品により修繕義務あり

株式会社サイビードットコム

株式会社サイビードットコム

損害調査サービス、総合防災アプリ開発・運営を行っている会社です。業界では珍しく、申請サポート費用を保険金の給付額に応じた定額制で提供しているそうです。

給付額が 100 万円を超える場合は割安となりますが、100 万円以下の場合は割高になります。

気になるのは、もし給付金額が高額だった場合に、会社側にメリットが少ない定額を採用している点から、あまり高額は期待できないのかもしれません。

申請サポート費用 30万円(定額)、無責の場合は無料
交通費用 記載なし(要問合せ)
調査費用 無料
申込み特典 記載なし
対象地域 全国
補修・修繕の有無 不要、ただし保険商品により修繕義務あり

火災保険申請.com(株式会社CAREARC)

火災保険申請.com(株式会社CAREARC)

人材コンサルティング事業と火災保険申請を専門にしている会社です。申込み特典として Amazon ギフト券 3,000 円分をプレゼントしていますが、申請サポート費用が若干割高となります。

申請サポート費用 保険金給付額の35%(税別)、無責の場合は無料
交通費用 無料
調査費用 無料
申込み特典 Amazonギフト券3,000円分、複数物件の同時申込みで割引あり
対象地域 (沖縄、離島を除く)全国
補修・修繕の有無 不要、ただし保険商品により修繕義務あり

建物損害保険調査室(株式会社シープラス)

建物損害保険調査室(株式会社シープラス)

日本唯一の決済コンサルティング会社。申込み特典として Amazon ギフト券 10,000 円分をプレゼントしているのでオトクに感じますが、申請サポート費用を含めてみると費用は割高です。

申請サポート費用 保険金給付額の35%(税別)、無責の場合は無料
交通費用 記載なし(要問合せ)
調査費用 記載なし(要問合せ)
申込み特典 Amazonギフト券10,000円分
対象地域 記載なし(要問合せ)
補修・修繕の有無 記載なし(要問合せ)

火災保険申請事務局(株式会社アプリケーション)

火災保険申請事務局(株式会社アプリケーション)

ウェブデザインやウェブマーケティング事業などを行っている会社です。こちらも申込み特典として Amazon ギフト券 10,000 円分をプレゼントしていてオトクに感じますが、申請サポート費用を含めてみるとかなり割高です。

申請サポート費用 保険金給付額の40%(税別)、無責の場合は無料
交通費用 記載なし(要問合せ)
調査費用 記載なし(要問合せ)
申込み特典 Amazonギフト券10,000円分
対象地域 全国
補修・修繕の有無 記載なし(要問合せ)

株式会社ONE’S BEST(ワンズベスト)

株式会社ONE’S BEST(ワンズベスト)

コンサルティングを中心に経営革新計画認定事業を推進する会社です。調査・保険請求のアドバイスを行う専門業者と提携してサービス提供をしています。

直接申込みの場合は申請サポート費用が 40% と割高ですが、コンサルタント経由でキャンペーンコードを入力することで申請サポート費用が 30% に下がります。

一戸建ての場合、保険金の給付額は約 100 万円から最大で 660 万円、旅館や工場などの場合は平均で 1000 万円を超えるそうです。

申請サポート費用 保険金給付額の40%(税別)、無責の場合は無料
交通費用 無料
調査費用 無料
申込み特典 コンサルタント経由に限り、キャンペーンコード入力で申請サポート費用が30%(税別)
対象地域 離島を除く全国(沖縄含む)
補修・修繕の有無 不要、ただし保険商品により修繕義務あり

その他、お客様からよくいただくご質問と回答

\ お客様からよくいただくご質問をまとめました! /

当サイト限定:火災保険申請サポートお申込み特典

当サイトでは、リスク 0 で申し込めて承認率・受給額が高くて実績もあり、定評のあるワンズベストの火災保険申請サポートをおすすめしています。

https://fia-navi.com/wp-content/uploads/fia-navi.com-arthur-s.jpg
吉岡

当サイト経由でお申込みいただいた方には次の特典をプレゼント!

お申込み特典
  • 通常 40% の費用が当サイト経由でお申し込みの場合 30% に変更(業界最安値水準)
  • 無料調査の完了後、専用フォームから申請された方全員にクオカード 1,000 円分をプレゼント(当サイト限定)
  • 保険金を受給後、写真付きレビュー送付で全員にクオカード 3,000 円分をプレゼント(当サイト限定)

クオカードのプレゼント特典は当サイトオリジナルになりますので、お問い合わせ、または受取申請についてはこちらからお知らせください。→ https://fia-navi.com/contact/

ワンズベスト火災保険申請サポートについて気になる方、詳しく知りたい方はこちらから解説記事をご覧ください。

\ プロのアドバイスでこんなに貰えるの? /

関連記事